うまくいっている人の考え方

まさにその通りだと、本を読みながら何度も頷いてしまいました。

人生において、なぜうまくいく人とそうでない人に別れてしまうのか、やっと解決した気分です。

今までの自分の人生を振り返った時に、どうしてこの本にもっと早く出会えなかったのだろうと思ってしまいました。

一番心に響いたのは、「現在に意識を向ける」という言葉でした。

未来の事を思い煩ったり、過去を振り返って反省したり、そういえば「今」の事にはあまり考えた事はなかった気がします。

でも、考えたら過去の失敗をいつまで悩んでも解決する訳ではないんですよね。それよりも、今現在の幸せを噛み締めている方が、ずっと幸せな筈なんです。

この本は、エッセイというよりは、自己啓発本に近いかもしれませんが、サラサラと読めてあっという間に読み終わってしまいました。難しい言葉や表現がほとんどなかったといのが、読みやすかった理由だと思います。

そして、読み終わった後はなんだか背筋が伸びるような気持ちになりました。

勉強は学校や塾で教えてもらえますが、人生の成功は教えてもらう事が難しいですよね。でも、人生を成功へと導くヒントは、こうして知る事が出来るのだとつくづく思いました。

この本を読んでから、考え方が変わったせいか、仕事も順調に行くようになり、肩の力が抜けるような気がしました。

自分と他人を比べなくなるだけで、こんなにも気持ちがスッキリするんですね。

思いきって読んでみて、本当に良かったと思いました。