親バカになれ!「うちの娘の為ならば、俺はもしかしらた魔王も倒せるかもしれない。」

「小説家になろう!」発の、ほのぼのファンタジー小説です。

現在、単行本が6巻まで発売中。コミック版も連載中です。

主人公のデイルは、若いけれど名の通った冒険者。

彼が森の中で、ボロボロの魔人族の少女と出会ったことから、物語が始まります。

彼女の名前はラティナ。角を片方折られ、追放された罪人の証を持っています。

しかし、どう見ても普通の幼い女の子。放っておけず、傍にあった親の遺体を埋葬し、彼女を連れ帰ったデイル。

最初は戸惑っていたものの、ラティナの親代わりとなって育てる決心をします。

ラティナは可愛いし賢いし、健気で本当に良い子。

そんな彼女を庇護して世話を焼くうちに、デイルは猛烈な「親バカ」になっていきます。ラティナの服を大量に買ってきたり、仕事で離れるのを嫌がったり……。

ラティナに出会うまで、感情をあまり出さなかっただけに、兄貴分のケニスは呆れるやら、ホッとするやら。

仕事とはいえ、故郷を離れて過酷な戦いを繰り返すデイルにとって、ラティナを守ることは掛け替えのない幸せになっていきます。

そしてラティナも、一人ぼっちだった自分を保護して、一緒にいてくれるデイルを誰よりも慕います。出会ったことで、お互いが幸せになった、義理の父娘。

ちなみに、出会いの時点でデイルは18歳、ラティナは7歳。

シリーズが進むごとにラティナは成長し、二人の感情や関係も、少しずつ変わっていくのですが……その変化も、醍醐味のひとつでしょう。

ラティナがなぜ追放されたのか、など、少しずつ謎も明らかになっていきます。

ほのぼの、時々シリアスな、幸せな物語です。